ビジネスシューズの賢い選び方

快適に仕事しよう

ビジネスシューズの賢い選び方

「足元を見る」という言葉が日本にはあります。
どんなに着飾っていても、履いている靴を見ればその人柄やお財布の状態までわかる、という意味のようです。
これはいくらか的を得ている言葉で、必ずしも新しい靴で良質のものでなくてはいけない、という意味ではなく、手入れが行き届いているかどうか、といったポイントを人は見ているということです。

最初に目につく服装や髪形などは気が回るものですが、靴にまで気配りが出来る人は細やかな仕事が出来る人であり、几帳面、正直、真面目といった印象になります。
特に銀行関係と交渉するときは、足元に気を付けるようにと先輩に言われることがあると思います。

営業職はもちろん、スーツ着用が必要な業種では靴もビジネスシューズを選ぶと無難です。
ブランド物の靴は作業、仕事をするのには向いていないものもたくさんありますので、一日の大半を履いて過ごす靴ですから、ビジネスシューズを選ぶポイントとして「長時間履いていても、歩いても疲れない」靴というものが一番良いと思います。

ビジネスシューズのお手入れや選び方について

ビジネスシューズは一般的には営業や企画などの仕事に従事する社会人が履く革靴を指します。
身だしなみが整っていることが社会人としてのマナーなので、ビジネスシューズも常に綺麗な状態に保つことが重要です。
特に長時間履き続ける環境にある場合は衛生面の管理にも気を配る必要があります。
足は汗をかきやすく湿気が籠りやすいので、悪臭を防ぐために日頃から注意する必要があります。
除湿や除菌の効果がある中敷きを使用するのが一般的な対処法ですが、定期的に洗浄や消毒を行うのも靴を長持ちさせるための工夫の一つです。
特に革靴は汚れや湿気などで劣化することがあるので、正しい方法で品質を維持することが大切です。
ビジネスシューズは業務に就いている間は履き続けることが前提なので、動きやすく足に負担がかからない物を選ぶように心がけます。
自分の足のサイズに合致している他に、重量や通気性も重視する必要があるので必ず複数の靴を比較したうえで最も履き心地が良い物を選びます。
また、人と接する機会が多い職種に就いている人は靴のデザインにも気を配る姿勢が必要になります。
そのため、専門店で適切なアドバイスを受けたうえで慎重に判断することが大切です。
近年では高品質の靴を通信販売で安く販売している業者も増えていますが、実際に履いて確かめることができないので注意が必要です。
足の健康を守るためには、サイズが合わない靴の交換の手続きを速やかに行うことができる業者を選びます。